その他

【2021最新】ディズニーランドチケット倍率は?コロナ渦の入場制限・混雑状況は?

【2021最新】ディズニーランドチケット倍率は?コロナ渦の入場制限・混雑状況は?
スポンサーリンク

コロナ渦でのディズニーランドのチケット。

入場制限が続く日々ですが、チケットの倍率はどのくらいなのでしょうか?

また、コロナ渦の入場制限や混雑状況はどうなのかを調査してみました。

コロナ渦の入場制限・混雑状況調査

コロナ渦である現在は1日あたり1万5000人程度に人数を制限しているようです。

通常は平日で2~4万人、土日は3~8万人以上だったといわれていますので現在は平日の閑散期以下の人数ということになります。

ほとんどのアトラクションが長くても30分から40分ぐらいの待ち時間がほとんど。

長くてもスプラッシュマウンテンなど通常だと3時間ぐらいの待ち時間も珍しくなかったのですが、長くても70分程度。

ディズニーランドチケット倍率は?

現在当日販売は行っていないので事前にチケットを購入する必要があります。

2021年の最新のコロナ渦でのディズニーチケットの倍率はどのくらいなのでしょうか?

ディズニーチケット倍率

公式サイトを調べてみると、1月4日にアクセスした際に、次の日からの分も普通に購入できるようでしたので、倍率としてのハードルはかなり低くなっていると思います。

というのも2021年になりましたがまだまだコロナの収束の見通しが経っておらず、GO TOも一旦年末年始は中止になったりという状況です。

ディズニーリゾート側は万全の対策をとっているでしょうがこの状況でディズニーランドやディズニーシーに行くという選択をする人自体今は少ないのかもしれません。

2021年最新ディズニーランドチケット情報

コロナの状況によって適宜対応をしているディズニーリゾートですが、チケットの購入状況なども現在は当日販売が無かったりと注意が必要です。

ポイントは4つ

  1. 当日販売はなし
    (オフィシャルホテルに泊まった方はホテルでの購入は可)
  2. 入場時間をずらしたチケット販売がある
  3. 株主優待券などは事前に抽選申し込みが必要
  4. 3月20日からチケットの変動価格制導入

①当日販売はなし

現在当日販売は行っていませんので事前にチケットを公式サイトより購入してください。

ただし、オフィシャルホテルに宿泊された方はホテルが可能であり、公式サイトで買えなかった方も買えるようなのでホテルに問い合わせしてみてくださいね!

②入場時間をずらしたチケット販売がある

現在開園時間から遊べるチケットと、10時30分から入場可能なチケット2種類あります。

通常は大人(18才以上)8,200円、中人(中学生・高校生)6,900円、小人(4才~小学生)4,900円ですが、

10時30分から入園可能チケットでは、大人(18才以上)、7,700円中人(中学生・高校生)6,500円、小人(4才~小学生)4,600円と若干お値段もお得になっていますのでチェックしてみてください!

③株主優待券などは事前に抽選申し込みが必要

株主優待券などを事前にお持ちの方は入園したい1ヶ月から2ヶ月前から抽選に申し込みをして、当選した方だけが入園可能となってます。

④3月20日からチケットの変動価格制導入

2021年の3月20日からはチケットの変動価格制導入を正式発表されています。

混雑時は現在の価格以上に入園料が高くなりますので注意が必要です。

【2021最新】ディズニーランドチケットまとめ

2021年の最新ディズニーランドチケットについて調査してきました。

随時色々な対策をとり安心してディズニーランドやシーを楽しめるように最善の策をとってくれているディズニーリゾート。

行きたくてもいけないという方も多い現在ですが、まもなく始まる変動価格制もあるのでそれまでに行きたい!

という方も今後増えてきそうですね。

倍率としては現在は高くないのでチャンスはあるので行くという選択肢も多いにあると思います。

それぞれ万全に対策をとり楽しめたら良いですね。

スポンサーリンク